チャンピックスの驚きの効果!これで禁煙間違いなし!

チャンピックスは禁煙補助剤として病院で処方を受ける事が出来る医薬品です。
チャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助剤ですが、薬を服用する事で禁煙時に生じるニコチン切れによる離脱症状を抑えてくれる働きがあります。
ちなみに、チャンピックスの臨床試験が国内で行われた時、禁煙の成功率は1人当たり0.65、つまり約65%と言われています。
この時の臨床試験では、チャンピックスを利用したグループ130名、偽薬でもあるプラセボを利用したグループは129名、3か月間の禁煙率はチャンピックスを利用した方が130人中85名で約65%、プラセボを利用したグループは129人中51名で約40名の人がタバコを止める事に成功しています。

但し、1年後の成功率を見ると130人中45名がタバコを吸わない生活を送っている、プラセボを使った方は129人中30名になるなど、差自体は縮まったもののチャンピックスで禁煙を成功してもその後に脱落してしまう人が少なくない事が分かりました。
尚、チャンピックスは12週間の中で薬を服用しながら禁煙を実施する事になるのですが、持続させる事がタバコが要らない生活に繋がるなど、12週間の継続利用後も3か月間の継続利用が可能になっています。
病院で処方を受ける場合は初診の時には保険が適用され、一旦途中で治療を止めてしまった場合でも初診から1年を経過している場合には保険適応で治療を受けられるようになっています。
3か月間の延長については実費となるので注意が必要です。

チャンピックスが禁煙の効果を高める理由は、この医薬品の主成分でもあるバレニクリンがニコチン受容体を刺激して少量のドーパミンを分泌させて離脱症状を抑える作用があるからです。
最初の1週目は禁煙の準備期間で、どうしてもたばこを吸いたくなった時には喫煙が出来る、しかし2週目以降からは本格的な禁煙となるわけです。
最初の1週間の中では医薬品の副作用が起こりやすく、主な副作用には吐き気や眠気などがあります。

チャンピックスの副作用で多いのは吐き気

チャンピックスは禁煙を成功させたい人たちには頼もしい薬です。
それは、チャンピックスを飲んで禁煙をした場合の成功率は、ある臨床試験では禁煙に挑戦した人たち全員の数を1とすると0.65に禁煙効果があらわれています。
このことからもわかるように、高い成功率を誇っていることは何よりも薬の効果を証明していると言えるでしょう。

何の薬も使わずにたばこをやめようとすると、たばこをやめた後に体内にニコチンが足りなくなった影響で離脱症状が出て苦しい思いをします。
離脱症状は特に最初の1週目が苦しいものですが、チャンピックスに含まれているバレニクリンという成分が少量のドーパミンを分泌させることでその苦しさを軽減させるため、禁煙を継続することが楽にでき、やがてはたばこをやめられるようになります。

チャンピックスを使って禁煙したいなら、病院での処方が必要になります。
医師よりチャンピックスの副作用について説明を受ける際に、主な副作用の症状に吐き気が起こりやすいことが指摘されますので服用時には気をつけましょう。
念のため、吐き気が起こった場合を事前に考えておくこともよいでしょう。
なお、チャンピックスの副作用には眠気や頭痛、便秘なども起こる可能性がありますが、重症になることはあまりないようです。

チャンピックスの服用中に強い吐き気を感じる場合は、薬を処方してもらった医師に相談することをおすすめします。
他の副作用についても同様に気になる症状が起こった時には医師にアドバイスを求めるようにすれば安全に薬を使用できるでしょう。

このようにチャンピックスの特徴は服用している内にたばこが美味しいと思わなくなっていくことにあります。
この薬を飲むことで起こる副作用が心配な人は、バレニクリンによって得られる効果と副作用を充分に比較してから服用を決めてはいかがでしょうか。